feed Subscribe to feed
pic
15. 11
2014

ホールと言っても色々

Written by: ambergoodwyn - Posted in: 未分類 -

ホールと聞いて何を思い浮かべますか
マンホールとか洋菓子を思い浮かべる人もいると思いますが
居酒屋やレストラン、ファミリーレストランのホールスタッフ
パチンコもたしかホールスタッフと言ってますよね
ダンスフロアもホールと言うようですし
一言ホールと言っても色々ですね

 
ホールスタッフは基本的にアルバイトが多いような気がします
居酒屋チェーンは正社員は店長や調理する人くらいで
あとはアルバイトでしょうし、ファミレスも同じアルバイトの人がメインでしょう
 

レストランはウエィターが正社員でホールスタッフがアルバイトって感じですかね
高級レストランはやはりホールも正社員が多いのではないのでしょうか
たとえアルバイトとしてもそれなりの教育を受けてからでないと
お客さんが要求するレベルが居酒屋やファミレスよりも高いので
きちんとマナーを覚えたいならレストランでアルバイトするのがよさそうですね
 

日本人はお酒に寛容なので客とのトラブルは酔っぱらいが多く
タクシーの客とのトラブルもほとんどは酔ったお客との間らしいです
そう考えると居酒屋やバーのアルバイトは大変ですね
 

ただ酔っぱらいにきちんと対応できる能力を養えれば
その後の仕事に於いても人間関係の構築に役立てられるのではないでしょうか
厳しいアルバイトかもしれませんが、得られるものも少なくないので
一度経験するのもいいと思います
 
 
ホールスタッフのアルバイトなら

20. 11
2014

接客を学べるホーススタッフ

Written by: ambergoodwyn - Posted in: 未分類 -

ホールスタッフのアルバイトいわゆる飲食店での接客業務ですが
若い時にしかできない、経験できないアルバイトです
 

接客についてアルバイトしながら覚えられます
社会人になっても重要な言葉使いや気遣いといった
どんな時代でもこれができると、出来ないとでは他人からの評価に差が出ます
 

特に上司はこういう基本的な事が気に入ってもらうためにも重要です
また理系の人でも会社員になれば上司や顧客、得意先、同僚など
人と接しない仕事は稀ですので、同じ能力なら
当然人当たりの良い人物に勝ち目がありません
 

出世なんて・・・っていうかもしれませんが
社会にでればゆとり教育で育った若者も年配社員も基本的にはライバルですから
少しでも楽して得するならやはり処世術が大事ということになります
 

アメリカは実力社会のようですが、実際はお世辞を使い媚びを売ったり
ライバルを嵌めたりとかなりイメージと違うようですから
人と上手く付き合うといのは万国共通の出世術でもあるようです
 

人づきあいが下手、引っ込み思案と自覚している人は
ホールスタッフのアルバイトでもして人に慣れるのは
とても良い経験になるに違いありません
ただし、きちんと教育してくれないようなバイト先なら
とっとと辞めて次に行きましょう

10. 11
2014

迷子が多かったような

Written by: ambergoodwyn - Posted in: 未分類 -

迷子になった事って、ほとんどの人があるのでしょうか?
大きな迷子ではなく、ちょっとした迷子になることならほとんどの人がありそうですよね

 
大人になっても方向音痴の人なら、目的地と全く違った所に行ってしまって
今、自分がどこにいるのかわからなくなってしまった事ってありそうですよね
今は携帯電話が普及しているので、なんとか誰かに電話をしたりして
その状態から脱出することができますが、昔は、自力でその状態から脱出するのは大変だったでしょう

 
人見知りしない性格だったら、すぐに誰かに聞く事ができるのでしょうが
人見知りの人だったら、途方にくれるなんてこともあったでしょう
電話して誰かに助けを求めるにしても、公衆電話を探したりしなければならなかったでしょうし
説明するのも慌てていて、上手く説明できない事もあったでしょう

 
小さな子どもはちょっと目を離すと、ほんの数秒の出来事でもいなくなってしまうなんて事もありますから
昔は、デパートに行くと、滞在時間は1時間くらいかと思うのですが
その1時間の間に必ずといっていいほど、1回は館内放送で迷子の案内アナウンスがあったような気がします

 
あと、夏の海岸でも1回は迷子の案内アナウンスもあったような記憶があります
私も一度、保育園に通っているくらいの年齢の時に、おじいちゃんの家に電車で行く時に
何を勘違いしたのか、一人だけ一駅前で降りてしまい、迷子というのが正しいのかわかりませんが
はぐれてしまった事があります

 
どちらかというと、人見知りしない子どもだった私は、自ら駅員さんの所に行き
事情を説明している所に、隣の駅から連絡が入りました
隣の駅だったので、時間にして30分もなかったと思いますが
その間は非常に不安だったという思い出があります

 
駅長室で母親がくるまでの間、泣きはしませんでしたが、落ち着かない心境だったことを覚えています
迷子になった時って、同じような心境なのかもしれませんね
迷子になった人の心境は、迷子になったことがある人にしかわからないでしょう

 
いつか自分が親になったら、そういった心境を味あわせないように、子どもの行動には注意しましょう
現在では、大人になって道に迷っても、便利な世の中ですから、自力で脱出できそうですが
前もって迷子にならないようにしっかり準備するってことも大切になりますよね

Search this blog

Tag cloud